<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

神様の存在の有無

別々の「神」を信じる人同士が集まればわだかまりは生まれますし、過去の確執の記憶が蘇り、負の感情がこみ上げてくるのは当然です。
しかし、「多様性への理解」を一人ひとりが持っていれば、膨れた感情を解消できます。
しかし、この「多様性への理解」の難点は結局現在と現状はあまり変わらないということです。
つまり、この考えを理解しないことも多様性のひとつとなるのです。このような終わりの見えない事柄に向き合わないといけないことが人の運命であり、それは神様がいてもいなくても同じものなのかもしれません。
ですが、この無限の思考が人間のあらゆる可能性を現実のものとしていることも事実です。人間は考えて時代を生き、様々な形の財産を残します。
神様の存在の有無に関係なく、人間の営みは止まることなく進みます。この神様という存在が人間の営みを止めるようなことがない、神と人それぞれの良き関係を保てば人の「多様性への理解」は進むのかもしれません。
神様がいるのか、いないのか、人それぞれの考えは様々であり、それぞれが自分の考えを突き通したい思い・欲望が存在しますが、全ての人間の営みが留まってはいけないことだけは、万国共通の考えであってほしいという、私の思いであります。

[PR]
by jrehjrjh | 2015-03-09 20:28 | 掲示板